もう書かれることのない日誌。








外に出たら、まだ奥へと続く道があった。








廃屋を発見。
発電所で働いていた人が住んでいたのだろう。








竈に差し込む光が綺麗だった。









時山第二発電所へ→